*

専業主婦でもかりれるキャッシングの借り入れまでのおおまかな流れ

キャッシングを利用しようと思うとき、専業主婦でもかりれるところを探すのには少し注意が必要になってきます。
まず、銀行ですが、こちらは一般の場合と同じで、借り入れの申し込みを行い、本人確認証などを提出し、審査に通れば利用が可能になります。
しかし、消費者金融などの貸金業者でキャッシングを行うときには借り入れまでの流れが少し異なってきます。
というのも、現在お金を借りるときには総量規制という規定があり、銀行はその対象にはなりませんが、貸金業者は対象となり、年収の3分の1までしか融資を受けることが出来ません。
ところで、専業主婦というのは年収がゼロですので、その3分の1の対象にすらなりませんので、審査には通りません。
しかし、配偶者の収入と合算すれば、その年収の3分の1まで融資を受けることが出来るという例外規定が存在します。
これを利用すれば専業主婦でもお金を借りれます。
ただし、その際には本人確認証の他に、住民票などの婚姻関係を証明できる書類、配偶者の同意書、配偶者の所得証明書が必要となってきます。
これらをすべて提出すれば審査を受けることができ、審査に通れば融資を受けることが出来るようになります。


詳細はこちら(⇒りそなクイックカードローンRC237)のサイトで!